ルドゥーテのバラ

年が変わって、新しいお客様のお庭のお手入れに行く事になりました。
バラを植えたものの、お手入れがあまり出来ず、次第に花数も年々減っていた様です。
狭い場所に、つい沢山植えてしまわれたようで、どの種類を花壇に残すか店長が悩んでいます。
沢山花が咲くお庭になればと期待しています。

昨年、バラが沢山載っていて、手入れの仕方についても解りやすく解説してある本を図書館でみつけました。このお客様のバラも調べるのに役に立ちそうです。
随分前に出版されていますが、根強い人気があるのか内容が風化していない為か中古本も値下がりしていません。バラ愛好家が多いのを感じさせます。

今朝聞いていたラジオで『ルドゥーテのばら』展について紹介されていました。
バラを五感で感じて楽しんでもらおうと、バラの香りがするコーナーや、お茶のサービス(有料か無料かは解りません)などがあるそうです。
「ルドゥーテ」というと、マグカップやランチョンマットに印刷されたバラのイメージがつい浮かんでしまいます。

お昼に帰ってきた店長が、
「今朝、ラジオでルドゥーテの紹介していてね。」
と、話すので、ちょっと意気投合しました。広島美術館にて2月11日まで開催です。ナポレオン皇妃ジョセフィーヌが庭園で育てためずらしい品種のばらを、ボタニカル画としてルドゥーテに描かせたようです。
興味のある方は、おもしろそうなワークショップもあるようですから、足をのばしてみてはいかがでしょう。

barahyakka-.jpg

解体工事のおしらせ

うちのお店のお向かいさんは、以前は産婦人科医院だったのですが、とうとう今年の5月に他の方の管理になったとわかりました。
『テナント募集』を見る度に、何になるのかな〜・・・と気になっていました。
一月前くらいにその旗が無くなったと思ったら、解体が先日からいよいよ始まりました。
年内一杯は解体作業で、来年からは建築工事が始まります。
トラックの出入りや解体の音でご迷惑をおかけすると思いますが、なるべくこちらも気をつけますのでよろしくお願い致します。

解体の会社の人達、とても楽しそうに仕事する人達で、お昼も手作りお弁当食べたりして感心している私です。・・・っていうか知りたがりのジョージいや観察魔のおばちゃんになっている私でした。

いつも私がパソコン作業している席から写してみました。

kunishige.jpg

70代のブーム

今朝は、圃場で時々来てもらっているスタッフのてっつあんに久しぶりに会う事が出来ました。
冬に少し体調を崩して、好きなお酒もあまりすすまなくなっていたのですが、完全復活したようで昨夜も仲間とおおいに楽しいお酒だったようです。
70代の仲間は、畑で野菜を作るのがブームだそうで、夏野菜の話で盛り上がったそうで、私もゴーヤを分けてもらえることになりました。

あまりゴーヤを貰う事が少なく、先日二本だけJAで販売されてたので、この夏最後かな・・・と思って買っていたのですが、今日行ってみるとまだまだ山盛りならんでいました。
それでもムカゴやいちじく、ハマ茶など、収穫されるものもすこしずつ秋にシフトしていっています。
寒冷紗もてっつあんと片付けたので、ハウスの夏もそろそろ終わりそうです。

今日初めて立ち寄って下さった男性のお客様、
「ちょっと敷居が高かったけど、思い切って入って良かったです。いい香りのお店ですね。」と。
関西弁の方でしたから、お聞きすると、単身赴任でご近所に住んでおられるようです。紅茶もお好きなようですから、これからの時期に向かってまた御来店いただけたら嬉しいなと思います。

マテ茶をお安くしています。繊維質たっぷりなので便秘の方にお勧めです。
mate.jpg

Facebookでもお得な情報を発信しています!

すずらんの香り

ハーブティーと紅茶の一部の試飲を今週末までサービスしています。
相変わらず、寸前の先週末寝込んだりしてしまい、お知らせ遅れましたが、店頭で私のニュースレターを手に取って下さった方や、たまたま来て下さった方に喜んで頂いております。

専用のスペースまではご用意していないので、お客様が重なったときはゆっくり飲んで頂けないかもしれませんが、『試飲』ということでご了承下さいませ。
こんなに寒い日なのに、お客様に足を運んで頂ける事に感謝感謝です。

知り合いでネットを全く使わない(あえて使わない)人から、30年以上前に使っていた香水を取り寄せて欲しいと頼まれました。
学生時代などでは、東京の高架下の小さいお店で手軽に買えていたブランドのようです。すずらんの香りとお聞きして、私も一度香りを確かめてみたいと思いました。

今年に入ってすぐ注文したものが、やっと昨日届いたので連絡してあげると、丁度近くを通る機会があったようで、すぐに香りを確かめてもらえました。
ボトルのデザインは相当変わっていたようですが、香りははっきり覚えていないものの、多分間違いないだろう・・・・と。
何よりも、自分がかつてプレゼントされた妹さんがこの香りを大変懐かしがられていて、妹にプレゼントするのが目的でもあったと聞きました。
一度だけお店に一緒に来られたことのある妹さんですが、今年はもしかしたらうちの仕事のお手伝いをお願いする事があるかもしれないので、これも今年は香りがつなぐご縁かな・・・と思っています。そうなると嬉しいのですが。

cotyのmuguet(フランス語ですずらん)は、今まで当店で扱ったり、使った事のあるものよりさわやか系のものでした。でもきっちりすずらんのイメージです。

coty.jpg