イランイランの香り

この数日の大雪で、私がいつも立っているカウンター背中側の戸棚の中の整理と処分や会計作業が片付きました。

雪を喜んでいるのは小学生くらいかな?無邪気で羨ましいです。

先日書いた『決めつけない』の第二弾がありました。
仕事が忙しく、気持ちが高ぶっているのか眠りにつきにくいことを解消したい男性のご来店でした。
とくに私が勧めることも無く自分で選んできて下さったのがイランイランの香りです。
初めてのご来店ですし、香り自体が初めてなのに・・・
『大丈夫ですか?』
とお聞きすると、今の自分には一番良い香りに感じられるということです。それなら大丈夫。
私の中では、イランイランは気持ちを一旦リラックスさせ、少し高揚させる、新婚さんのお部屋にピッタリなエキゾチックな香り・・ホルモンバランスなどなどが一番浮かぶオイルなのです。
そして、どちらかというと男性は苦手な方が多い香りかな?

目的がきちんとされているので、虎の巻で確認すると、アドレナリンの流出を抑制しリラックスさせ、不安や怒りパニックなどの感情をときほぐす力があります。香りが好きならピッタリな選択でしたね。
イランイラン(Cananga odorata)マダガスカル産です。

エキゾチックな香りで、オイルを一滴垂らしたコットンをブラの谷間にしのばせておられる方もあります。
南洋地方では、イランイランの精油をココナッツオイルに混ぜてヘアオイルにしたようです。強壮・刺激の効果でヘアの成長を助けるようですが、肌への適正と濃度は十分ご注意下さい。

イランイランオイル 
5mlと10mlがあります。

アロマランプなどを検討されていましたが、とりあえず枕元にタオルやハンカチなどで香りを垂らしてみてもらい、しばらくこれで使って頂く事になりました。
ゆっくり眠れるようになったかな〜と少し気にかかるお客様でした。
数ヶ月後に、すごく明るい表情で来て下さることがあったりするパターンが多いので、そう祈りたいです。

アールヌーボー amber ring
アールヌーボーデザインの大好きな琥珀のリングです。
私の中指で落ち着きますので、少し大きめサイズです。

 

 

決めつけない

お客様に接する毎日の中で、お客様と話をしながら商品を選んでお勧めするのは当たり前ですが、慣習化してるところがあったのではないかと気付かせてもらったお客様がありました。
初めて来店下さったカップルだったのですが、車のシガーソケットに挿して使うタイプのディフューザーに垂らすオイルを探しておられました。
大型店舗のオイルも試しその後来店下さったようですが、初めてエッセンシャルオイルを使われる方なので、車内に適して且つオイルの初心者に必ずお勧めするオイルを何点かご紹介しました。
どれも嫌いではないけれども、今一つピンとこない感じを持たれている様子です。
自分で色々試されていたのですが、良い香りとまず挙げられたのが、なんとクローブ。
悪い香りでは無いですが、車中は同乗される方がある事を考慮して今回はお勧めしないことを説明しました。
次は今日お話するミルラのエッセンシャルオイルを挙げられました。
これはとても良い香りですし、他にはラバンサラも好まれたので、自分では気づかれてないと思いますが、かなり香り好きかもしれません。
お店側としてはこういう香りに反応して下さる方にはテンションも上がり、お客様との掛け合いはカウンター越しで盛り上がりました。
実際に車中で使ってみられて、どんな感じだったのか機会があれば是非お聞きしてみたいですが、沢山の種類のエッセンシャルオイルを実際に嗅いでみれたことを喜んで頂いてとても嬉しく思いました。
そして、初心者の方が好むオイルを決めつけてしまわないことも改めてお客様から教えていただきました。
ミルラのオイルについての解説をコピーしてさしあげたのですが、帰り際に彼女が
「コピーをありがとうございました。」
と。こういう挨拶がきちんと出来るのは本当に気持ち良いですね。これまた反対に私の背筋がピンと伸びました(笑)

さてこのお客様が買って下さったミルラ(Commiphora myrrha )ソマリア産。
生まれたイエスへの献げもの『没薬』の方が聞き慣れた方が多いでしょうか。特上のミイラ作りに防腐剤として使用されていたことも有名ですね。
今、私もミルラを嗅ぎながらこの文章を書いていますが、少しスモーキーで軽く麝香を思わせる香りです。
無気力になったり気力が衰えた時に心を明るく高める働きがあります。
身体に対しては気管や口腔に働きかけ免疫系を元気づけ抗菌作用があると言われています、皮膚のただれ(床ずれ)なども改善してくれます。

myrrh.jpg

バラの時期に香りにこだわって育てられているお客様が香り別にバラを下さるとき、このミルラの香りのバラも必ずあります。
エッセンシャルオイルとは少し違いますが、甘い中にスパイシーさを感じる重厚な香りだったと思います。
香りの表現は人それぞれで難しいですね。ご了承下さい。

マチの無いフラットタイプの少し大きめポーチです。
旅行などに下着を入れたり、たっぷりコスメを入れたい方に。22×30センチ

bigpoch.jpg

ピンピンコロリ

敬老の日を終え、100歳以上の人口が6万5692人という数字に改めて驚きます。
この中でどれだけの人が自分でトイレや食事が出来ているのか、それが出来ている人の数字も併せて報道してもらえると、100歳以上高齢者の実態もわかりますよね。
私も含め、みんなの願い『ピンピンコロリ』です。

私以上の中年層にもスマホが普及して、当店をネットで検索して来店下さる方が多くなりました。
その中の一人、先日来店下さった方はお母さんが軽いとはいえ認知症が急に進み、排泄の失敗などで部屋の臭いを何とかしたいとご希望でした。
以前、同じ悩みのお客様にユーカリオイルをお勧めして臭いが改善していたので、今回はオリスルート(ニオイアヤメを乾燥させた保留剤)にしみ込ませて使って頂く方法を説明しました。
以前のお客様は一週間に一度、珪藻土のアロマストーンに30滴ユーカリを垂らして使うと丁度良いとお聞きしていたので、同じ様に使ってもらう事にしたのですが、このお客様の場合は10滴くらいをオリスルートに垂らすくらいの量で十分効果があったようです。
珪藻土とオリスルートの違い、部屋の構造や香りの感じる個人差などが重なり、このお客様のお宅では10滴がベストのようです。使用感には個人差がありますね。
みんなが臭いが気にならなくなり心地良く過ごせる事で、お母さんに対してもイライラする回数が減るでしょうし、来店された時より表情も和やかに感じられホッとしました。
これからの季節、消臭だけでなく咳や鼻づまりにも活躍してくれるのがユーカリのエッセンシャルオイルです。
まだ使った事が無いという方は是非お試し頂きたいオイルです。

一般的なのはユーカリ(Eucalyptus globulus) 同じ働きですが、小児や体力の落ちた高齢の方などに成分が優しくお勧めするのがペパーミントユーカリ(Eucalyptus radiata) 
個人的にはユーカリの方がスッキリ感が強い香りに感じています。
妊婦さんはマッサージなどに使用されるのは控えましょう。
eucaly.jpg

この秋はファッションにもベロア素材が人気みたいですが、こちらは私好みの微妙な色合いのベロアポーチ。

veloapoch.jpg

オレンジブロッサム

この夏は、苗の通販のお客様から何通か暑中見舞いやお礼のお葉書を頂き、残暑見舞いとして返送しました。
アナログな私は文字を書くのは好きなので、メールのやりとりで終わってしまう昨今、お会いした事も無いお客様を想像しながら楽しく返事を書きました。
そんな事をしながら過ごしたお盆は、休みといえども家事に追われる事が多く、なかなか女子は休めませんね・・・。

お盆休み明けに届いた荷物の一つ、オレンジブロッサムのモチーフのブローチです。

orange-blossum.jpg

オレンジの花は19世紀から20世紀前半頃のヨーロッパでは、婚約した男性から女性へ毎日花を贈る習慣があった際、男性が好んで贈っていたらしいです。素敵。
結婚式の当日には、花嫁がオレンジの花を髪飾 りとして身に着けていたそうですが、オレンジの花の開花時期は短いので現在はロウワックスで作った造花の髪飾りを使われる事が多い様です。
オレンジの花の実物は見た事は無いのですが、どんな香りなのかこれまた想像がふくらみます。
花言葉は「純粋」「花嫁の喜び」「豊富」「寛大」など・・・・結婚のお祝いにメッセージを添えて贈り物にも素敵ですね。

ネロリ(オレンジの花)のエッセンシャルオイルは幸福感をおこさせ、不安やうつ症、ストレスを軽減する香りと言われています。
当店のネロリはチュニジア産で、フローラルな香りなのですが甘さは少なく、果皮の苦みにほんのり甘さが加わったようなとても上品な香りです。
高価なエッセンシャルオイルですので、20滴から量り売りをしておりますが、一滴がとても強い香りですので少量でも十分楽しんで頂けると思います。
肌の弾力性を改善させたりする働きもあるため、妊婦さんの妊娠線予防のマッサージオイルに使って頂くのもお勧めしています。

neroli5ml.jpg