グリーンノート救命センター

朝寝坊なくせに、あれもこれもやりたいと無理な事を考える自分にいつも反省しきりです。
結局はくたびれが出てしまうので、無理はしないように心がけ、ビニールハウスは日曜日の開店までの時間に行く事に決めました。
早朝目覚めなければ店長に起こしてもらい、主にビニールポット苗の草取りなどをします。
自分では栽培した事の無い品種は、名前や葉はわかりますが花は知らない事も多く、そんな苗に花がきていたりすることに遭遇出来たりして、楽しい作業の時間はアッという間に過ぎてしまいます。

ビニールハウスでは沢山の種類を栽培していますので、残りがわずかになったり品種が曖昧なものは一カ所にまとめてあるのですが、そこに思わず久しぶりに出会う品種があったり瀕死状態の苗が助けを求めている様に感じられ、これらを復活させたり花壇に植えたりしてやるのが最近の楽しみにもなってきました。
ほとんどダメかな・・・と思っていたラベンダーも店に持ち帰り、少し大きい鉢に植え替えたりしてやると新芽を出して息を吹き返します。この新芽には本当にエネルギーを貰えるのです。

ロイヤルパープルラベンダー
全体が灰色状態だったラベンダー。剪定して植え替えたら新芽がやっと出てきました。

人間も一緒で、忘れられたり、放置されるとどんどん元気なくなりますよね。
もう「死んでやる!」と投げやりになってたのかな・・・と思わず話しかけてしまいます。
『グリーンノート救命センター』も沢山並べるには限界がありますし、けっして店頭の環境が良いともいいきれないので、先日はついに実家にも何鉢か避難させ、父に管理を依頼しています。
ラベンダーのオカムラサキがほとんど無理かな・・・という状態だったので、現在どうなっているか次回行って確認するのがドキドキです。

これから迎える梅雨と熱い夏、秋の長雨をこのラベンター達が乗り切ってくれると良いのですが・・・。
今お店の花壇はラベンダーが一番見頃ですよ。

イカーカム社のストレーナー付マグカップ

イギリス ロイカーカム社のストレーナー付マグカップ
贈物に好評で、久しぶりに入荷しました。

 

晩夏

お店が以前の場所にあった頃から、時々フッと来店下さるお客様です。
私の母よりかなり若い方ですが、人生の先輩としてお買い物してもらう間にお話しながら、いつも色々アドバイスをもらっています。

この度めでたく後期高齢者になられたとのこと。
『色々なことがあったけど、よくここまで頑張ってきたね。』
と、自分にご褒美として、夜は寝室として使われている客間の畳とふすま、壁紙を新しくきれいにされたそうです。
私はその年まで生きているかどうかはわかりませんが、その時持っているお金で、自分が気持ちよく過ごす事に使える余裕がある状況だったら、とりあえずなんとか穏やかに過ごせている老後ですね。
でもあと数十年後、世の中がどうなってるかなんて想像も出来ないので、とりあえず元気で笑っている自分を想像することで今は精一杯です。

当店の前に置いている苗や鉢植も、基本的には私が管理していますので、自分のこと優先の私に痛い目に遭わされる事の多い波瀾万丈の植物達です。
お盆前に一晩出掛ける用事がありバタバタして店長にお願いするのも忘れていて、うっかり水やりをせずに出掛けた為、少し水切れさせてしまいました。
ティートゥリーはここ数年、こまめに剪定しながら沢山枝をふやしてきてせっかくフサフサになってきていたのにもうダメかな・・・・と特に心配していました。
枯れた枝を取り、たっぷり水やりをして様子をみるとなんとか新芽がたち始めました。
ナスタチウムもいつも秋を迎えることなくダメにしてしまうことが多いのですが、これまたこまめに剪定して涼しい場所に移動したおかげで、また綺麗な緑の葉を茂らせ始めました。
スパルタ式ガーデナーの私に答えてくれる植物をみると、自分勝手な私についてきてくれる仲間の様に感じられ感謝と愛さえ感じるこの晩夏です。

teatree1.jpg
teatree2.jpg

モリスのストロベリーモチーフのゴブランバックです。
ミニバッグに見えますが、コンパクトに折畳んだ状態です。開いたバッグは落ち着いた素敵な柄で容量たっぷりです。

fold-awaybag.jpg

秋の花壇

店の花壇のコバルトセイジがきれいに咲いています。
秋にピンとさせて花を咲かせたかったので、思いっきり先手したつもりでしたが、もう一度くらいしないと、今みたいに前に倒れてしまうことを学習しました。
自分ではそれがすごく気になっているのですが、お客様は反対に
「倒れた感じが、またいい感じ」
と、言って下さる方が大半です。

cobaltsage.jpg

春から庭のお手入れをさせて頂いているクリニックの花壇は、コバルトセイジを夏にうんと切り詰めていましたので、ビシッと直立して咲いているのですが、
「ここまでまっすぐなのもどうかな〜」
と、また不安になり店長に相談したりしていました。

たまたま、そのクリニックの前をよく通られる地域にお住まいのお客様が御来店でしたので、コバルトセイジの話になったついでに、クリニックのコバルトセイジの様子についての感想をお尋ねしてみました。
『すごく素敵に咲いているな〜』と思って下さっていたそうで、一安心です。(オレの言葉が信用出来ないのか!と店長に言われそうですが・・・)
それよりも、当店がお手入れに入っていることに感激してくださって、SORAMIMIと苗がだぶっているな・・・とも感じて下さっていた様です。
散歩コースで沢山の方が花壇を楽しみに見ていらっしゃるとのこと。気が引き締まります。
冬から春へ向かう難しい季節も、勉強させてもらいながら、皆さんに楽しんでいただけたらと思っています。
今日はグリーンノートというよりSORAMIMIよりの話題になってしまいましたね。

クリニックでも調子の良いナスタチュームですが、当店の鉢や花壇も涼しくなって息を吹き返しました。これからは寒さ対策です。

nasta2.jpg

nasuta1.jpg

特権

お店の周りの花壇の整理をしています。
ホップは後半思う様にきれいに伸びなかったことや、北側の植え込みのバランスの悪さが反省点でした。
更に、多分カミキリムシにやられたと思われますが、成長を楽しみにしていたスパニッシュブルームや球根の一部が根をすっかり切られていました。
暑さが急に涼しくなった九月に集中的に雨が降ったことも、植物に与えるダメージは大きい様です。
これらは自然のことですから、諦めてまた新しく植え込みをしていくしかないですね。
お客様のお宅でも、台風の後に植物がダウンしてしまったものが多かったようにお聞きしました。
私の場合は、朝ハウスの中で『今度はどの苗にしようか・・・」と考えながら作業をし、好きなだけ苗をただでチョイス出来るのが特権でしょうか。

今は花が終わりましたが、二株植えたコバルトセージが今年は姿勢よく開花出来ました。きれいなブルーです。

cobalt-sage.jpg